歯科医 鈴木 君和PROFILE


警察協力医・ラジオパーソナリティー
としても活動

PROFILEプロフィール

鈴木 君和すずき きみかず

  • 生年月日
    1969年9月3日
  • 役職
    理事長
  • 出身校
    東京歯科大学
  • 診療科目
    歯科
  • 得意分野
    • 歯科治療全般
    • 訪問歯科診療
歯科医 鈴木 君和

経歴

  • 1993年
    • 東京歯科大学 卒業
    • 東京歯科大学歯学医籍登録、保険医登録
  • 1997年
    • 東京歯科大学大学院歯学研究科口腔外科学専攻 卒業
    • 東京歯科大学口腔外科学第二講座 入局
    • 東京歯科大学千葉病院助手(口腔外科学第二講座、手術学)歴任
    • 東京都港区・目黒区にて、勤務医・分院長 歴任
    • 神奈川県・埼玉県・栃木県・千葉県にて、非常勤勤務医
  • 2005年
    • 鎌倉ハート歯科クリニック 創立
  • 2012年
    • 帝京大学医学部附属病院 形成 口腔顎顔面外科学講座 非常勤医師 就任
  • 2015年
    • 医療法人 東歯会 設立 理事長就任 理事 監事選任

所属学会

  • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • 神奈川県立大船高等学校 校医
  • 神奈川県警察協力医
  • 日本歯科医学会 会員
  • 日本歯科医師会 会員
  • 神奈川県歯科医師会 会員
  • 鎌倉市歯科医師会 会員
  • 日本口腔外科学会 会員
  • 日本顎変形症学会 会員
  • 日本口腔インプラント学会 会員
  • 東京歯科大学学会 会員
  • 東京歯科大学口腔外科学教室精到会 会員
  • 東京歯科大学サーフィン部OB会 会員
  • 帝京大学医学部付属病院 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤医師

メディア出演

  • 鎌倉FM 毎週水曜15分 歯の相談コーナーパーソナリティー

INTERVIEW自分たちに課せられた重要な役割として

医師を目指した理由

うちは曾祖父の代から120年続く歯科医師の家系なのですが、祖母は自宅で開業していました。
子どもの頃、家に帰ると知らない人が部屋で食事をしていて、誰かなと思うと患者さんなんです。午前中に入れ歯を作って、それできちんと食べられるかどうか、確かめていたんですね。そういう家で育ち、働く祖母の姿を間近で見ているうちに、自然と歯科医の道を考えるようになりました。

また、父は外務省参与として、東京歯科大学で法歯学の教授を務めており、亡くなった方の鑑定などを行っていました。そういった影響もあり、私自身も警察協力医を5年以上務めてきました。年1回は、警察、自衛隊、歯科医師会、医師会が合同で行う研修を務めており、大規模火災の際の身元確認の流れのシミュレーションなども行っています。

2011年の東日本大震災の際には、警察の協力隊と一緒に被災地に入りました。歯型からご遺体の身元を特定するのですが、飛行機事故などと違って搭乗リストなどもないため、お1人を特定するのにもかなりの時間がかかります。基本的には報酬はなく、想像以上に気の遠くなるような作業ではありますが、人のお口の中を見たり、レントゲン撮影を行ったりすることを法律上許されているのは、我々医師や歯科医師だけなんです。自分たちに課せられた重要な役割として、今後も協力していけたらと思っています。

診察で気をつけていることは?

自分の歯を、なるべく抜かずにすむ治療です。もうもたない歯だとしても、意外と抜かなくても平気は歯は多くあります。そういった歯をできるだけ残して、どうしても必要な場合に限って最後の手段として抜くというのが当院のコンセプト。当院ではご年配の患者さんも多いのですが、歯が1本でもなくなると、1本ごとに少しずつ老け込んでしまわれるように感じます。年齢の「齢」という感じに「歯」が入っているように、歯は年齢を表すもの。親からもらった大事な歯を、少しでも長く、1本でも多く残せるような治療を心がけています。

医師以外の活動

・警察協力医
・ラジオパーソナリティー

趣味特技・休日の過ごし方、ハマっていることなど

趣味はサーフィンなどのマリンスポーツです。
歴史探索にも興味があり、実は鎌倉検定を取得しています。
これは鎌倉で開業するにあたって、鎌倉をちゃんと知りたいと思って勉強しました。
お寺の名前なんかも相当言えますよ(笑)。
ただ、勉強とは言っても、そもそもそういうことを学ぶのが好きなんです。患者さんとの話題も広がりますし、歯科医としての専門の勉強は当たり前のこととして、それ以外の勉強もして初めて一人前ですから。
今は鎌倉の鶴岡八幡宮の近くに住んでいるのですが、そこから1時間くらいかけて歩いて出勤しています。健康のためでもあるのですが、建長寺、円覚寺、明月院と、四季折々の風景とともに鎌倉の街並を眺めるのもまた、日々の楽しみの1つです。

変わったストーリーがあれば

テキサス州立大学ダラス校顔面美容外科で、研究員として働く機会を与えていただきました。そこで痛感したのは、日本はまだまだ、歯科治療については後進国なんだということ。アメリカとの意識の違いを学ぶとともに、さまざまな出会いや発見がありました。
今でも、国際学会などには積極的に参加しています。