心療内科 石ヶ坪 潤PROFILE

本来の生活に戻る手助けを

PROFILEプロフィール

石ヶ坪 潤

  • 出身地
    横浜市金沢区
  • 出身校
    島根大学
  • 診療科目
    精神科
    心療内科
  • 得意分野
    精神科疾患全般
    アルコール依存症
    自殺予防
    身体表現性障害(精神症状からくる身体疼痛など)
    適応障害における復職リハビリテーション
心療内科 石ヶ坪 潤

経歴

  • 島根大学医学部卒業
  • 横浜市立大学付属市民総合医療センター初期臨床研修プログラム修了
  • 横浜市立大学付属市民総合医療センター精神医療センター
  • 横浜市立大学付属市民総合医療センター救命救急センター
  • 復康会鷹岡病院勤務
  • 積善会曽我病院勤務
  • 医療法人社団早雲会相模湖病院診療部長
  • 同法人北条クリニックおおの院長

所属学会

  • 日本精神神経学会

資格

  • 厚生労働省精神保健指定医
  • アルコール依存症臨床医等研修修了
  • 日本医師会認定産業医

メディア出演

  • テレビ朝日「スーパーJチャンネル」

INTERVIEW

医師を目指した理由

医師である父が開業するのだろうと思い、継承をすることを見据えて医師を志した。医師になってみると意外なことに、世間的には成功したと言える医大生でさえ精神的に不安定になったり、自殺企図などされる姿を見て、具合が悪くなった方がコンディションを回復し、本来の生活に戻る手助けをすることができないかと考えこの科目を選択した。

診察で気をつけていることは?

救命救急で外国人患者との会話経験から、日本はストレスフル社会で具合が悪くなりやすいので、患者さまに接するときの振る舞いや着衣には配慮している。できるだけ穏やかな雰囲気になるようにしている。

一番記憶に残っている患者さんはいますか?

副作用を恐れて薬の内服に抵抗の強かった患者さまに対して、丁寧に必要性を説明して入院してもらい精神症状の回復に貢献できた。その患者さまは氷川きよしのファンでコンサートにたびたび通ってその様子をいつも明るく教えてくれるのがうれしい。

趣味・特技・休日の過ごし方や、ハマっていることなど

旅行(「当直の旅」など)、地方当直の機会を利用して小旅行の回数を重ねる。
青春18きっぷでの旅行やマイル、ホテル修行を経て、有利に旅行する方法の研究。
サッカーや野球などのスポーツ観戦や食べ歩き。
地方のマラソン大会の参加。

変わったストーリーがあれば

大学ではラグビー部に所属していたせいか、団体スポーツが好きでそのせいか国内、海外(イタリア、ドイツ、タイ、シンガポール)を問わずサッカーなどスポーツ観戦に行くようになった。また自分自身の国試浪人の体験や子どもの小学校受験を通じて教育の方法などのアドバイスができるように勉強中である。